映画と音楽46-アナスタシア

子供の頃パット・ブーンの「アナスタシア」というどこか物悲しい歌が好きになり、テーマになった映画を観たい知りたいで20代にテレビで観た。

 ロシア革命で帝政が倒され、皇帝の娘アナスタシアは17歳ではかなくも処刑されたが、実は生き延びたという噂が流れた史実を元に映画化。

 

追想」(1956)"Anastasia"。
パリのセーヌ川に身を投げようとした女性(イングリット・バーグマン)を助けた男(ユル・ブリンナー)、女性が記憶喪失と知りアナスタシアに仕立て元皇族から謝礼金詐欺を企てる。
詳細な関連資料の暗記特訓が始まると、時折この女性が失った記憶と重なるようなことを言う。
いよいよデンマークに隠居する元ロシア皇太后に面会が叶うが、子供の時に別れたきりで顔も分からずニセ者と取り合わない、それがふとしたことで本人と分かり・・・。

f:id:nemannekenarui1955:20210120050903j:plain

子供の頃にダークダックスでロシア民謡を覚え、郷里福井ではラジオでモスクワ放送(日本語)を受信しウラジオストクから船も訪れた、しかしこれといった関わりもなく生涯行くこともなかろうと思っていた。
それが演奏家となって2003年、クルーズ仕事でサンクトペテルブルグに寄港した。
街風景に少年時代に観た映画「チャイコフスキー」を思い出し、至る所に残る帝政時代の建物や彫刻、エルミタージュ美術館の規模に圧倒された。
通りかかった歩道で少女がバイオリンをケースから出している、ここで哀愁のロシア民謡が聴けたら最高の旅情に浸れると足を止めた。
おもむろに少女が弾き始めたのは・・・「イエスタデイ」。
折しもポール・マッカートニーのモスクワ公演中だった。

f:id:nemannekenarui1955:20210120070148j:plain

お稽古中の素朴な音だったが、純粋に人前で演奏したかったのだろう。

映画と音楽45-チャイコフスキー

子供の頃ロシア民謡が流行っていた。
家にダークダックスのソノシートブックがあって「ともしび」「赤いサラファン」「トロイカ」など、欧米の明るさや温感と違う美しさを感じたが、ソ連時代で時折目にするニュース映像にどこか硬く暗い印象もあった。
高校進学したばかりのある日、同級生の友人から「チャイコフスキーという映画を観にいかないか」と誘われ、ソ連映画と聞いて少々のためらいもあったが音楽家の伝記だからと観に行った。

映画「チャイコフスキー」(1970)、19世紀後半のロシア帝政時代、友人ピアニストのルビンシュテインが「君の譜面は部分的にピアノ演奏の負担が大きい」と批判、恋に悩んで泥酔して街を歩く、パトロンである大富豪の豪華な屋敷、自然風景の美しさ・・・。
この時一度観たきりだが、「ピアノ協奏曲第一番」を聴くと今でもシーンが浮かんで来る。
f:id:nemannekenarui1955:20210119034521j:plain
このブログ更新で映画制作年を確認し、音楽監督がディミトリー・ティオムキンと知ったのは新たな発見だった。
映画「真昼の決闘」「リオブラボー」「ローハイド」など西部劇音楽の作曲家として記憶していたが、生まれはロシアでサンクトペテルブルグ音楽院卒とある。
この音楽院にチャイコフスキーも学んだという縁もあってのことか、東西冷戦時代においての米ソ合作は素晴らしい、今も心に残る映画のひとつ。

 

一昨年(2018年)公開されたディズニー映画「くるみ割り人形と秘密の王国」を観に行った。テーマ音楽は勿論チャイコフスキーバレエ音楽、新しい感覚で蘇る素晴らしさを改めて感じた。

映画と音楽44ーシェーン

一昨日「俺のフレンチ・イタリアン青山」ソロ出演、お客は少な目だったが演奏の受けは良く、「今はビールの曲として知られていますが、元々サスペンス映画のテーマ曲で」と演奏した「第三の男」も喜んでくれた。
緊急事態宣言で許される範囲の営業に苦戦する飲食業、私も大好きな映画と音楽を届ける仕事をもがれた状態が続くが、気が付けばブログに託している私。さて本日は。

f:id:nemannekenarui1955:20201125051300j:plain

映画と音楽44-シェーン
幻のライブ企画「西部劇特集」の選曲で先ず選んだのが、映画「シェーン」(1953)、テーマ曲「遥かなる山の呼び声」"Call Of The Faraway Hills"。

中学生の時に映画館でリバイバル上映を観て、帰りに買ったテーマ曲のレコードを家に帰って聴くと映画が蘇った。
「演奏ビクター・ヤング楽団」と印刷されていて、「楽団と言えばビリー・ボーンやパーシー・フェイスなどは知っているが有名な人じゃないんだろう」と、何も知らない少年は思った。

実は偉大な音楽家で、以前、定例デュオライブで特集した折に経歴を知った。

 

作曲家ヴィクター・ヤングは1900年アメリカ生まれ。

幼少からヴァイオリンを始め10歳で祖父のいるポーランドに留学。
東欧やロシアでクラシック演奏家として活動するが、第二次世界大戦アメリカに戻りポピュラー音楽も手掛けるようになる。

1930年代半ばハリウッド入り以後多くの映画音楽を作曲、アカデミー賞に幾度もノミネートされるが逃し、1957年に映画「80日間世界一周」で受賞決定するが授与式直前に脳出血で早世。

 

「ラブレター」「星影のステラ」「ジャニーギター」、そして"Golden Earings","Beautiful Love"などに感じる哀愁は東欧やロシア時代を彷彿とさせる。

その一方「遥かなる山の呼び声」を聴いた瞬間にアメリカ西部の荒野が浮かぶ、職人技とも言える幅の広い音楽家だった。

映画と音楽43-ハイヌーン

昨年2月以降休演している定例デュオライブ「究極(9曲)の特集」で「西部劇特集」のアイデアがあった。

選曲する中で歌うかピアノ演奏か迷ったのが「ハイヌーン」、映画「真昼の決闘」(1952)の主題歌。

結婚式上げたばかりの保安官(ゲーリー・クーパー)、昔逮捕した連中が正午到着の列車で復讐に来ることを知り、迎え撃とうとするが町の人は怖がって協力を拒む、新妻(グレース・ケリー)も対決などせず街を出ようと、刻一刻と正午が近づいて一人孤独に・・・。

 

子供時分にテレビで観たが覚えておらず、20代になってラジオで三遊亭円楽さん([『星の王子様』の先代)の話を聴いてそういう映画かと知った。
「あの映画は実際の時間と同じに進行するんで話題になったんですけどね、保安官が街の人に応援頼むでしょ、あれがどうも。西部の男って最初から助けなんか求めないで立ち向かってくんなきゃ」
その後改めて観て、その話のお陰で楽しめて記憶に残った。
保安官の恐怖心が人間的に描かれ、映像と観客の時間がシンクロするリアルな緊張感が評価されている映画。


テーマ作曲はディミトリー・ティオムキンで多くの西部劇音楽を書いている、歌ったのはテックス・リッター。
♪見捨てないでおくれダーリン、この結婚の日に♪
低音の少々無骨な歌声に孤独に立ち向かう男を感じる、私が歌えるかピアノ演奏だけが良いかと迷った。

幻の企画「西部劇特集」に因んだ話はまた明日。

映画と音楽42-いとしのクレメンタイン

本日「俺のフレンチ・イタリアン青山」にソロ出演。

f:id:nemannekenarui1955:20201125051300j:plain

昨日ブログに書いた「いとしのクレメンタイン」がテーマ曲になった映画が「荒野の決闘」(1946)"My Darling Clementine"。
子供時分にテレビで観たようにも思うが全く記憶がない。
調べたらワイアット・アープの話、と言えば、バート・ランカスターの映画「OK牧場の決闘」(1957)とフランキー・レインの歌声♪オーケー、コラール♪を思い出すが、その話は置いといて「いとしのクレメンタイン」の話。

 

作者不詳で19世紀半ば西部開拓時代にカリフォルニアのゴールドラッシュで亡くなった娘クレメンタインことを歌っている
ミッチ・ミラー合唱団も歌ったアメリカ民謡が、どこをどうして日本で「雪山賛歌」になったのか、以前、定例デュオライブで「西部劇特集」をやろうと思い調べたことがある。

大正時代の終わりに京都の大学登山部が雪山の宿に足止めとなり、退屈しのぎで好きな歌「いとしのクレメンタイン」の替え歌を作ったのが由来。
作詞したのは西堀栄三郎さん、私世代から上の方は第一次南極越冬隊の隊長としてご記憶されている方も多いと思う。

f:id:nemannekenarui1955:20210116053952j:plain
退屈しのぎの替え歌がこんなに有名になるとは驚きだが、作詞者登録した印税で大学部費が潤ったという話もあって、その抜かりのなさは南極に行くだけのことはあると感心した。
因みにコロナで定例ライブも休演となりこの曲は未だ演奏していない。

 

映画と音楽41-赤い河の谷間

アメリカ民謡「赤い河の谷間」(原題"Red River Valley")は小学校の音楽教科書にも掲載されていて好きだった。
テーマ曲として使われたのが西部劇映画「赤い河」"Red River"(1948)で、観たのは50代後半に仕事で乗船した「にっぽん丸」クルーズだった。

f:id:nemannekenarui1955:20210115044114p:plain

外洋でのテレビはNHK衛星放送1局の他、船内有線でクルーズ関連情報、航路図、デッキカメラ、そして映画専門チャンネルがある。
日に1本の映画を繰り返し放映するのでヒマなときはまるまる見るが、たまたま仕事のある日に「赤い河」を放映していた。
タキシードに着替えつつ観ていたが、時間が来たので途中で演奏に出た。
翌日、続きが見たくて船内のレンタルDVDショップで借りて終わりまて観た。


主演ジョン・ウエイン、1万頭の牛を長距離移動、幾多の困難を乗り越え大河レッドリバーを渡り目的の町を目指す。
牛の大群が移動するシーンはドキュメントを見るようで凄い迫力だった。

 

子供時分、NHKテレビで毎週日曜午後1時から米国音楽番組「ミッチと歌おう」が放映されていた。
ひげのおじいさんミッチ・ミラー率いる合唱団が「赤い河の谷間」「峠の我が家」「いとしのクレメンタイン」などを歌う、家にレコードが何枚かあった。
この番組が終了した翌週から「アンディー・ウイリアムズ・ショー」が始まった。
そして何年か後にNHK教育で米国子供番組「セサミストリート」が始まると「ミッチと歌おう」に出ていた歌手ボブ・マグラスがレギュラー出演、久々に再会した気分だった。

映画と音楽40-ベニスの夏の日

以前帰省した時のこと、義姉がイタリア旅行から帰ったばかりでベニスで買ったゴブレットを見せてくれた、その瞬間「あ、旅情だ」とつぶやいた私。
f:id:nemannekenarui1955:20210114041515j:plain
映画「旅情」(1955)"Summertime"
アメリカから中年の独身女性(キャサリン・ヘップバーン)が休暇でベニスを訪れ、骨董品店で名物のゴブレットを買う。

親しくなった店の主人(ロッサノ・ブラッツィ)は妻と別居中で、心迷いながらも恋する。
デートで手にしたくちなしの花が水路に落ち、拾おうと二人で手を伸ばすが流れて行ってしまう。
旅の終わりに別れを決断した二人、帰国する女性を乗せ列車は発車、ホームに駆け込んだ男性は追い付けず挙げた手にくちなしの花、車窓から涙ながらに手を振る。

若い頃テレビで観て番組終わりに水野晴夫さんの映画解説。
「くちなしの花が流れて行くけど手が届かない、恋の行方を暗示していたんですね」
あーそうか成程と感心した私、水野さんのキメフレーズ「いやぁ、映画って本当にいいもんですね」に深く頷いた。
f:id:nemannekenarui1955:20210114041632j:plain
テーマ曲「ベニスの夏の日」"Summetime In Venice"を演奏するようになった。
ビデオ時代になり好きで幾度も見返す内に、サンマルコ広場でバンドがテーマ曲演奏シーン、覚えたメロディーの前に別の部分がある、「ヴァースだな」と採譜して覚え、以後、必ずヴァースから演奏している。
ロッサノ・ブラッツィは渋い二枚目俳優でテーマ曲の録音があるが、歌いかけては語りになってラストまで、歌が得意ではなかったのかもしれない。

 

ところで義姉はそんな出会いもなかったようで、変わらず夫婦円満はなによりである。